So-net無料ブログ作成
検索選択

真剣に『Safe Sex』を語る/摩亜 [◆日記・雑感]

本日は『World AIDS Day』という日です。世界保健機関(WHO)によって1988(昭和63)年にエイズ問題への人々の意識を高めることを目的として制定されました。
何と言っても私の場合、敬愛するFreddie MercuryがAIDSで亡くなっていますので、普通の人より問題意識は高いと思います。…多分。

AIDSってゲイのかかる病気で私には関係無い、なんてまだ思ってる方はいらっしゃらないと信じたいですが、普通に男女の性交渉でも感染します。実際、世界のHIVウィルス(AIDSというのはHIVウィルスの感染症)感染者の75%は異性間セックスで感染しています。(アナルセックスは出血しやすいので、感染する確率が高いと言えば高いのですが…)
もっとも普通の生活では、そんなに簡単に感染する病気では有りません。性感染か血液感染が殆どなのです。性感染か血液感染にしても、きちんと知識を持って予防すれば、(100%大丈夫という事は有りませんが)恐い病気ではありません。

ただし、通常生活では簡単に感染しませんが、セックスをする誰の身にもHIV感染が起こりうる可能性は有ります。だからこそ、予防策を知っておく必要が有るのです。
他人事と思わず、真剣に考えてみて下さい。

まあ、当サイト(というか、私)は、裏も有るくらいですから、偉そうな意見を押し付ける気は毛頭有りません。
もちろんセックスするな!なんて言いませんよ。言えませんし…(苦笑/青少年保護法に引っ掛かったっておかしくないんだから…)
ただ、(特に未成年の方には)自分の身を守るのは自分自身なのだと自覚して行動して欲しいと切に願ってます。
『Safe Sex』……AIDSだけでは無く他の性感染症(STD)から自分を守るために、正しい知識を身に付け、コンドームを使用する事をお奨めします。
特に女性は、STDが無症候で進展することが多いので、気付くのが遅くなって手遅れになる場合が有ります。
どうか、ご自分を大事にして下さいね。

それから、私は毎年『World AIDS Day』には、赤いリボンを付けて外出しています。
これは、『私はHIV感染者(AIDS患者)を差別しない』という主張を形にしたものです。
本当は毎日付けていた方がいいんだろうけど……。
posted by 摩亜 at