So-net無料ブログ作成
検索選択
◆三国志 ブログトップ
前の30件 | -

復活!? マイブーム/摩亜 [◆三国志]

復活と言うか、ですね。
掲示板に「水滸伝」のお勧め図書を書くために、資料をもそもそ探していたら、箱にしまっておいた小説やら本やらが、わさわさ出てきて……。
久々に「三国志」関連の本を読み直しました。(やってる事がゆらと一緒だ・笑)

「水滸伝じゃないトコがミソだな」なんて思いながら読んでるうちに、ふつふつと復活してきたんです、策×瑜熱が……。
最近、「真・三国無双」が流行ってる所為で、孫策受けが多いらしいんだけど、やっぱり元祖の三国志ファンは策×瑜です!!!
(……いや、瑜×策の方も中には居ましたけど)

何かね、(私の思う)坊×ルクっぽくて、好きなんですよ。
孫策も周瑜も、文武両道だけど、どっちかと言えば武に秀でた(猪突猛進ぽい)策と、そんな策をフォローしつつ、天然かます知力97の軍師の周瑜は、(私の中の)三国志カプリNo.1です、はいv

ああ、ちょっと「三国志(策×瑜)」を書きたい気分になってる(汗)

……いつまで、このブームは続くんだろう…?
posted by 摩亜 at

ステキなプレゼント/摩亜 [◆三国志]

三国志のお友達から、ステキなイラストをいただきました(喜)
すっごく嬉しくて、早速そのサイトさんまで見に行って大興奮(//∇//)
喜んで犬のように部屋の中を飛び跳ねていたら、…ベッドに頭をぶつけました。
うちのベッドは狭い部屋を解消するためにロフトベッドです。
結構高さのあるやつですが、油断すると頭をゴン!してしまいます(苦笑)

学習能力は有るので、普段は滅多にぶつける事も無いんですけど、今日はそんな事考えもせず「嬉すぅ~い♪」とやっちゃったもんで(笑)
もちろん、そこのサイトさんに行ってお礼の言葉と共にこの失態の話も書いてきたのですが、普通は信じないよね、こんな話し。
きっと、「そんな大げさに書いてるけど、喜んでもらえたのね」程度に読まれている事でしょう。

…事実です(笑)
posted by 摩亜 at

新・三国志(怒)/摩亜 [◆三国志]

えーと、指輪を見てきたぞ!の所に書いたんだけど、スーパー歌舞伎「新・三国志」完結編のCMを、指輪本編上映前にやっていて…。
久しぶりに、嘲笑と共にちょいと腹が立ったりしてきました。

髯の無い「美髯公・関羽」は、かろうじて許してやってもいい。
だけど、劉備が「女」ってのは何?
名前が「玉蘭」って、そりゃ水滸伝で武松が切り刻んだ芸鼓の名前だって!
…仮にもあーた、実在した英雄ですよ?
三国の一番弱小国だろうが、君主ですよ?国王ですよ?
前に于禁がアニメで女にされた時は、正直笑いました。
むしろ、活躍所を増やしてもらって良かったねvくらいで…。
だけど、劉備は勘弁して下さい!

正史の劉備は「漢」って感じで、そら格好良いです!
演技しか知らない人には、義弟の方が目立ってるとか、軍師の言うがままの情けない君主とかって印象のが強いかも知れないですが、「漢」なんです!
義理に厚く、人情を大事にする「漢」だからこそ、あの曹操に「君と余だ!」と言われ、あれだけの人材が劉備のために粉骨砕身して働いたんですよ?
あんな貧乏な蜀で、劉備の為だけに働いた人材キラ星のごとく…。
五虎将しかり、孔明しかり、鳳雛、魏延と…。

劉備を女にすんなーっっ!
関羽といちゃいちゃさせるなーーーーっ!!!

幻想キャラの女体化も、キャラを冒涜してると常々思っていて受け付けない私ですが、歴史の英雄を女にされる方が更に許せません!
変な同人よりよっぽど同人的ですよ!それを歌舞伎でやっちゃうんですよ?!

大体、完結編て普通は「五丈原」だろう?(泣)
劉備も曹操も孔明も居ない「三国志」って何なんだよ?
仲達の簒奪なんてわざわざやってくれんでええよ……(涙)
posted by 摩亜 at

ゲーム三昧な日々/摩亜 [◆三国志]

『幻想水滸伝4』は、プレレポ兼ねて3日で終わらせ、2周目の冒頭部だけを軽く触って、あっという間にトレイの上に『幻想水滸伝』(笑)
勢いづくと恐ろしいもので、怒涛の勢いで『幻想水滸伝2』まで行っちゃいました。

しかし、今日の主役は『三国志』ゲームの話。
私の友人のサイトさん(PCサイト)で、一週間の見習い期間を経てどの武将の下に配属されるか?という『三国志・魏』ノベライズゲームを配布しておりまして、早速DLしてプレイ。
6日間、午前と午後の行動をするだけです。そこで会った武将、文官との会話がエンディングに結びつきます。某恋愛育成SLGとやり方は似ています。が、なんせ6日間なので10分も有れば一回終わります。
一回目からしっかり希望部署に配属されました(にやり)
お世話になります、文若さまv

こうなるとマルチエンディングの14+1種類の全てが見たいモノ。
この時点でしっかりハマっています(笑)
次に狙うは張遼ED!
……おかしい。
何故だかどうやっても張遼に行き着きません。
攻略のヒントも見ずに、「なぁ~に、武将の性格さえ分かっていれば行けるだろう」と甘く見ていました。
夏侯惇、夏侯淵×2種、于禁、李典EDを見ました。気分転換に文官狙いで陳羣にも辿り着きました。
……おかしい。
どうしても張遼EDが見たくて、配布先へお邪魔。
攻略データを見ちゃいました。

……それでも、鈍い私は張遼EDを見るのに、あと何日かを要しました(笑)。
posted by 摩亜 at

玩具菓子(食玩)/摩亜 [◆三国志]

食玩または玩具菓子、いわゆる玩具がメインのお菓子とか食べ物です。
普段は滅多にそういう物には手を出しません。基本的に役に立たない飾るだけの物は邪魔としか思わない性質です。
しかし、本日東急ハンズで見つけた海洋堂のフィギュアは、一目で私の心を奪いました!
川本喜八郎先生の人形劇『三国志』フィギュアコレクション! 第壱集!
海洋堂さんですから、造形はバッチリ安心!
劉備、関羽、張飛、趙雲、諸葛亮。5人×彩色版と象牙色版の2色の計10種。
目的は、関羽か趙雲。できれば彩色版。確率は10分の2です。
――と言うわけで可愛らしく2箱買ってきました。315円×2で630円。
入ってるお菓子もライチゼリーと言う、まるで私の為の玩具菓子!
諸葛亮が運悪く出ちゃっても、ゆらさんにあげればいいや! とご機嫌で帰宅していざ開封!

…………。
え~と……。
まず出てきたのは、象牙色の玄徳でした。
ライチゼリーの蓋は袁本初です。
気を取り直して、次をごそごそと開けましたv
ライチゼリーの蓋は周公瑾です。髭無しの方です。
何だか、ちょっと期待できるかも、です。
うきうきしながら、フィギュアの袋を開けます。
…………。
今度はカラフルな玄ちゃんです。
玄ちゃんが象牙色と彩色版で2体揃っちゃいました。
(T▽T)<うわああああああああん!

箱を開けるまでは、全員揃えちゃおうかなと思ってましたが、もう買いません!
これ以上玄ちゃんが増えても嬉しくありません。
第弐集の発売も決まってるそうです。多分、魏軍団だよなぁ。
この2体の玄ちゃん、どうしよう……。
(当初、ビニール袋に突っ込んだままの玄ちゃん×2体をアップしてましたが、あんまりにもあんまりだったので、袋から出して得物も持たせて撮り直しました)
三国志フィギュア

posted by 摩亜 at

春節前日/摩亜 [◆三国志]

本日はディズニーランドに行く予定でしたが、一緒に行く友人も私も医者通い中と言う体調&天候の悪さの為、敢え無く断念。
まったり新宿ツアーにさっさと切り替えました。
毎度の『天使のすみか』~『さくらやホビー館』辺りが私たちの行動範囲です。
その『さくらやホビー館』で、こともあろうに見つけてしまいました!
……『三国志フィギュアコレクション』。
「もう買いません!」の舌の根も乾かないうちに、そこにあった全4箱を手に取ってレジへ。あと4体玄ちゃんが増えなければ、もう何が出てもいいです!

三国志フィギュアコレクションの箱を開ける前に、ガシャポン置き場へ。色んなガシャポンが並んでいます。
そこには何と! 横山光輝三国志のガシャポン機が有りました!
さすがに横光の三国志キャラを部屋に置く気にはならないのですが、ネタとしてゆらさんに送る為、ガシャポン機を写メでパチリ。孔明が一番でかく描いてあったのは分かるんですが、隣りが馬超って……?
気を取り直してガシャポン機の周りをぐるぐる回っていると、友人の目を引いたのが『スライムコレクション』(笑)
私とこういう所に一緒に行ってくれる友人ですから。
目当てのメタルスライムを3回でGETして、友人はほくほくしていますv
それから、とても可愛らしい缶入りキャラクターマグネットに執着していましたが、お目当てが出なくてちょっと残念がっていました。きっと友人は、後日再チャレンジすると思います。

さてさて!
茶を飲みながらお互いに戦利品をごそごそと開けていきます。
玄ちゃんが出ない事を祈りながら開けた一箱目は、張飛の象牙色でした。
……張飛、しかも象牙色かと落胆を隠せません。
しかし! あと3箱有ります!
そうして開けた2箱目に玄ちゃん彩色版は、またまた入っていらっしゃいました(T▽T)<どうせいっちゅうんじゃ!
残りの2箱にもまだ玄ちゃんが入っていたら……。
そんな不吉な思いが脳裏を過ぎります。
思い切って開けた3箱目に、待っていました! の関羽彩色版がっ!
ああ、苦労が報われました!
春節イブに、関帝さまが我が家にいらっしゃるとは何て縁起の良い!
残ってる最後の箱に趙雲彩色版が居たら、これで打ち止めです(*^-^*)v
玄ちゃんを脳味噌の片隅に追いやり、素晴らしくご機嫌で最後の箱を開けました。
……――――この頭巾は……。
諸葛です、彩色版の孔明が凄く偉そうに袋から出てきました。
(出てきてしまったモノは仕方が無いんで)喫茶店で孔明と付属の羽扇をごそごそ並べて、またまた写メ。これもゆらさんに送りつけです。次回ゆらさんに会った時にプレゼントする予定の、アンジェのプレメモの袋に突っ込みました。
この件をゆらさんにメールで送りましたら、「わはは」と言うタイトルで「よほど玄徳に好かれてるとみえます(笑)
横光ガシャポンもけっこう気になります。」てな返事を貰いました。
ええ、ええ。三國志仲間うちで玄ちゃんを取り上げて好きだと言うのは私くらいでしたさ。友人の同人誌のゲストの時に玄ちゃん主役の4コマ描いて「珍しいネタをありがとうございますv」と言われたさ(T▽T)


そんな訳で本日の画像は、春節前日に我が家にいらっしゃった武聖関公さまです。今回はちゃんとビニール袋から出して、得物もセットしました。青龍偃月刀の刃先がきらりと煌いていて、すごく良い感じだったんですが、長すぎて入りませんでした。残念。
中国では関羽は商売の神様として崇められていますので、商売繁盛を願う方は画像に手を合わせてみて下さい(笑/本当に拝むのでしたら、各地の中華街に在る関帝廟にお参りに行かれる事をお薦めします)

おまけ:三國志キャラの中国名。
劉備玄徳=Liu Bei Xuan De
関羽雲長=Guan Yu Yun Chang
張飛翼徳=Zhang Fei Yi De
諸葛亮孔明=Zhu Ge Liang Kong Ming
趙雲子龍=Zhao Yun Zi Long
更におまけ:普通に呼ぶ時は名と字(あざな)は一緒に言いません。
だから上記のようなフルネーム(苗字+名+字)表記はされないのです。玄ちゃんだったら、劉(苗字)+備(名)か、劉(苗字)+玄徳(字)、または字のみの玄徳となります。大体は苗字+字か字のみです。

posted by 摩亜 at

桃園結義/摩亜 [◆三国志]

またですか、摩亜さん?
散々、色んな方に笑われたのに、“趙雲・彩色版”にホンのちょっぴりの希望と色気を持ってまたまた購入です。
そしてもう一つの野望。中途半端だった劉備(彩色&象牙)・関羽(彩色)・張飛(象牙)に、せめて桃園結義を彩色でも象牙でもやりたい!
――――ってんで、あと4個購入で全部で計10個。
その内訳です。阿呆だと笑いたい人は笑って下さい(苦笑)
劉玄徳⇒彩色×2、象牙×2
関雲長⇒彩色×1、象牙×1
張翼徳⇒彩色×2、象牙×1
趙子龍⇒ゼロ
諸葛孔明⇒彩色×1
以上です。
そんな訳で、桃園結義は彩色でも象牙でも出来るようになりました(T▽T)
ちなみに三國志のお友達に、このフィギュアに嵌ってるとメールした所、
「関羽の彩色版が2体、双子のように並んでます。曹操様をゲットしたらせっかくなので関羽で挟んであげようかな~とか思ってます(笑)
諸葛亮出たんですかー!いいですね!
孔明ファンではないけれど、川本先生の人形と言えば私的に孔明が一番印象深いので、ちょっと羨ましいです。」と言うお返事をいただきました(笑)
来るべき魏武帝GETの日の為に、玄ちゃん(象牙)いりませんか?
「君と余だ!」が出来ますよ~♪
ちなみに玄ちゃん彩色は、先日同行した友人に押し付けたので、今現在、我が家に居る玄ちゃんは3人ですv
……もう、趙雲は諦めました。

(でも第弐集が出たら、また買い漁るんだ、きっと……。あと欲しいのは魏武帝さまと周瑜と呂布&赤兎馬。その三人が出たら「君と余だ!」と「おのれ! 孔明!(吐血付き)」と「呂布vs三兄弟」やるんだ~♪
関帝さま、いい子にしてるから今度こそヨロシクねv)
桃園結義

posted by 摩亜 at

真・三國無双4/摩亜 [◆三国志]

曹丕お坊ちゃまが初出演なさる!
――と、以前に一人で騒ぎましたが、今度はもっと嬉しいかも~vな関平くんの初出演にやっぱりちょっと興奮気味です(≧▽≦)
関羽の養子にして義父思いなよく出来たご子息です。各地の関帝廟に行くと、周倉と共に関羽の副官としてご一緒に拝まれています。
関羽には、関興・関索と実子が居ますが、何故か関羽存命中に関羽の傍に居たという扱いは養子の関平なんですよ~。
何だか最近、(この日記だけ)三國志サイトになっていますが、ゆらさんも私も、元々が三國志畑の同人者(笑)なんで、ご容赦下さいませm(_ _)m

本日の添付は、大分前に作った三國志の同人誌に描いた関平くんです。原画では無く印刷物をスキャンするという大雑把なヤツですみません(⌒⌒;)ゞ
お隣には(三國志サークルの)相方が描いた、張遼の息子の張虎が居ました(笑)
関平

posted by 摩亜 at

買い物…/ゆら [◆三国志]

先週の土曜、19日ですね、風邪ひいてるにも関わらず、お出かけしました。
表向きの用というか、外出の名目は、母の絵画教室(同好会かな)への送迎なんですけれども。
ちょっと見て回りたいものもあるので、それ目当てで、母を送る、と。
絵画教室の時間は朝10時からです。
私が起きたのは、9時です。…ちょーっと間に合わないかな。
母は私を起こしたそうなのですが、起きなかったと。
結局、教室に着いたのは11時前なのですが、母曰く「もう描く時間がないから道具持ってこなかった。挨拶だけしてくる」と。
まだ1時間あるのに、描くつもりがないのですか、母。
そんな母は展示会前一週間で絵を仕上げます。なんていうかこの辺の行動パターンが私と全く一緒って言うのが、泣けてきます。
で、そのあと。見て回りたいものというのは、先日から摩亜さんが話題にしている人形劇三国志の食玩。
いくつか買ってみて運試しするのもいいな~と。
有りそうな所を二~三件回りましたが……無い。存在自体が無い。
指輪物語のトレーディングカードの顛末を思い出します(これも地元にさっぱり無かった…)。
お店の人に聞いても、要領を得ない。知らないみたい。
最後に回ったお店の店員さんに「人形劇三国志の食玩ありませんか」と訊くと、「ああ、海洋堂から出たやつですか」と、おお。知っている。これは脈有りか、と淡い期待を抱くも、「すいません、在庫切れです」再入荷も多分無い、とのこと。
がっくり。
しかし店員さんは続けます。「バラはそこにありますけど」と。
その店は既に開封済みのフィギュアだけの販売もしています。これなら、開封時のどきどきはないけれど、欲しいものを的確に入手出来ます。
らっきー★と思い、早速棚を物色。
そうしたら、いました。
象牙色の桃園三兄弟×3組くらい
……桃園三兄弟しかいませんでした。
わたしはすごすごとお店をあとにしました。これだから地方は~!!!
また暇な時にお店を巡るつもりです。探す楽しみってのもありますよね(無理矢理納得)。

最近摩亜さんはいろいろ三国志ものを日記で出しているので、私も便乗してみます。
ちなみに、16日の劉備はまっったく覚えがありません。大抵の描いたものの記憶には自信があったのに…。
便乗らくがきは、孔明です。隆中時代がシアワセよね、と私は勝手に決めつけてます。
土いじりに精を出す孔明さんです。

孔明

明日は『真・三国無双4』発売日/摩亜 [◆三国志]

やっぱり、会社にも居ました!
『真・三国無双4』を買うヤツが(笑)
呂布のフィギュア付きのトレジャーボックスかと聞いたら、「呂布には全然興味が無い」と冷たい一言。まあ、人格と知能には多々問題の有る呂布ですから(笑)。
でも、私は割と呂布が好きです。
どれくらい好きかと聞かれれば、人形劇・三国志のフィギュアになったら欲しいと思うくらい(笑)。
傍に居たら甚だ迷惑なんだけど、あれくらい“ただ強くて弱い”人には惹かれます。
三國志前半の華ですからね~。

同様に、物語初期の負けても負けてもくじけない上昇志向の曹操にも激しく惹かれます。(……実は中盤以降~後半はイマイチ)
曹操で一番好きなシーンは、関羽の避客牌です。漢だなぁ、曹操!
だからどうしても、曹操は関羽ラブラブと言うギャグのイメージが消えません。(それは何か違わないか?)
今日の添付は、そんな話から遊んで描いたギャグ絵です。元はFAXの白黒絵ですが、関羽にだけ色付けてみたりして。
ちょうど有名人との合成プリクラが流行っていた頃なので、プリクラ撮るのにみかん箱が必要な曹操さま(6尺=約161cm)、と曹操ファンの友達と遊んでいました。

161cmだぞ。ルックより低いんだぞ(笑)
ちなみに諸葛亮は関羽(約207cm)程では無いにしろ、190cm近くの大男です。張飛(約186cm)と同じくらい。
昔の尺と今の尺では、数値が違うと言う話が有るらしいんだけど、もし『関羽の2mがヘンだから昔の一尺は今の一尺より短い』と言うコトになると、曹操は161cmよりちっちゃくなっちゃうんだよね……。
( ̄▽ ̄)<……ぷ。

幻想水滸伝4での平均身長170cmに近いのは、玄ちゃんの約172,5cmでした。


コーエー絡みのお話しをもう一つ。
ゆらさんがメールで、「『大航海時代ON LINE』のOPが幻想4っぽいので良かったら見て下さいと言ってきました。
どれどれ、と見てみたら、嵐の描写なんかは『大航海時代』の方が壮大に迫ってくる感じがして断然格好良い!
キャラクターは、顔がFF Xで体の形と動きが幻想4っぽかったです。ま、このヘンは……(苦笑)
しかし流石に『歴史もゲームも任せておけ!』と言い切る会社の作るゲームなので、海戦一つ取り上げてもリアルですね~。動きも船も。
幻想4だってガレー船くらい出して欲しかったな。または三國志風に艨衝とか走舸とか闘艦とかさ(笑)。

関羽ぷりくら

posted by 摩亜 at

祝! 真・三国無双4発売!/摩亜 [◆三国志]

寒いです。
昨日は春一番が吹いたと言うのに、この寒さは何でしょう?
雪降りましたよ? 昨日との温度差はどれくらい有ったんでしょう?
『体調管理に充分気を付けて、当日休みをしないように。』……と会社では言われます。確かに体調管理は社会人としては必須な事ですが、こんな天候で体調を崩すなと言われても無理ですよ。
それでなくても人の都合も聞かずに色んな仕事を押し付けてくるくせに……。
私だって、体調くらい崩しますってば!

さて、今日は真・三國無双4の発売日でした。
無事に発売されたみたいですね(笑)。
今回の隠しキャラを知って笑ってしまいました。
私の友人はこの方を、絵本のような同人誌で準主役扱いしていましたよ。
ちなみに主役は、もぐら曹操と文若でした。

真・三國無双4発売を記念して、FAX用に真面目に描いた曹操さまです。
どんなに真面目に描いていようが、衿の模様も入っていないラフカットですけど(苦笑)
曹孟徳

posted by 摩亜 at

人形劇・三国志フィギュア続報/摩亜 [◆三国志]

「人形劇・三国志フィギュア」の第弐集の発表がされてました。
第壱集に引き続いて出演の孔明・関羽コンビ(……ってか、この二人をまた出すなら他の武将を出してあげて欲しいです。特に孔明は色塗りくらいしか変わってないんじゃ……?)にプラスして、曹操、呂布、周瑜です。
第弐集の情報はこちら(PCのみ)で見て下さいね。
うわあ。
2月10日の日記で『あと欲しいのは魏武帝さまと周瑜と呂布&赤兎馬。その三人が出たら「君と余だ!」と「おのれ! 孔明!(吐血付き)」と「呂布vs三兄弟」やるんだ~♪』と書きましたが、正にビンゴ!
ついでなので、次に欲しい武将も書いてみよう(笑)
孫策、張遼、夏侯淵、夏侯惇、鳳雛先生、馬超、黄忠、郭嘉、陸遜。人形劇の文若は可哀相なので弾いておきます(笑)
何となくまた買い漁りそうな予感ぷんぷんです。しかも第弐集のパッケージは魏武帝さまですよ。背景白い辺りが曹操っぽい。(中国の京劇では『白』は悪役を表します)
発売日は3月14日です。ホワイトデーのお返しはこれがいいなぁ。

人形劇・三国志フィギュアの話ばかりなので、一応『幻想水滸伝フィギュア』の話も書いておきますね。今まで無視してましたが、情報として(購入する気はさらさら無い)。
4月下旬だか5月に発売らしいです。坊・2主・ナッシュ・ヒューゴ・ゲド・クリス・4主の7種+?。
隠しが誰だかは、『幻想真書Vol.12』を見た人には分かってるんであまり面白くないですよね。これだけ発表から発売まで間が空いたんだから、他にも隠しキャラを作るくらいの気の利いた事をしてくれているといいんですが。上記の真書に出てたまんまのレベルで発売だそうです。真書に出ていなかった4主も見ましたが、棒立ちポーズで可哀相でした。
興味の有る方はkonamistyle(見づらいですがFOMAでも見られるそうです)で見て下さい。一個580円の10個纏めて箱売りです。
ぶっちゃけ、このレベルのフィギュアでこのお値段は解せません。

摩亜さんはこんな事ばかり日記に書いていますが、本当に幻想水滸伝が好きなのか?
――好きですよ。このようなサイトでも来訪された方が『幻想水滸伝』を丸かじり楽しんで頂ければと思うくらいに。
でもね、例えば三国志でも『人形劇』のフィギュアは血眼になって探しますが、横光のガシャポンはネタのみでスルーしました。
幻想水滸伝の場合も同じです。
商品としてKONAMIさんが提供する以上は、見合うだけの物であって欲しい。当然、私の好みも有りますが、基本的には『幻想水滸伝』好きなので、値段に見合うそこそこのレベルが有れば予約購入したと思います。そのレベルでは無いと判断しただけです。
『幻想水滸伝』と言う名前だけで、何でも売れると思われるのは嫌です。
好きだから拘りたい。自分が良いと思える物には惜しまないです。


※本日の添付:三國志ネタが見つからなかったので、もしかすると初!?の水滸伝キャラ。天雄星・豹子頭林冲です。
林冲

posted by 摩亜 at

つはものどもが…/ゆら [◆三国志]

摩亜さんに影響されて、運試しとばかりに、購入してみました、海洋堂三国志フィギュアコレクション。
フィギュア専門店ばかり探して見つからず、結局詳しい人の助言で、コンビニに見つけることが出来ました。灯台もと暗しとはこのことです(--;。
で、結局かなりの数を買い求めてしまったんですが、とりあえず、中身の結果発表から行きましょうか。
劉備:彩色6 象牙1
関羽:彩色4 象牙3
張飛:彩色6 象牙3
趙雲:彩色2 象牙3
諸葛亮:彩色5 象牙3
彩色が23、象牙が13、合計36と今見るとなかなか突っ走った買い物をしてしまいました。
現在部屋の一角を空き箱とフィギュアが占領しています。
偏りがあるのかと思ったら、こうやってみるとわりと平均的ですが、でもやっぱり趙雲の出は悪かったですね。
じつはこれの過半は、処分品として割り引かれていました。
ということは、第二集を入手するのは難しそうです。置いてあったコンビニに訊いて回ったけど、第二集を入荷するかも、というのが一店あった限りでした。白孔明欲しいなぁ…。
それはそれとして、今回のフィギュア、ひととおりは自分でコレクションするとして、余剰分はどうしよう(笑)。

ちょいと小耳に挟んだんですが……/摩亜 [◆三国志]

コーエーさんの人気ゲーム『真・三國無双4』
関羽が関平より弱いって本当ですか?

ゲーム全体の評判は良いと聞きましたが、これってこれって?
関平より関羽の方が弱い三國志なんて聞いた事有りませんよ?
やってないので、何とも言えないのですが「ゲームとしてはスカッとするし面白いけど、三國志好きは『はあ?』ってトコが大いに有るかもね」と言われてしまうと「えええ?」と思ってしまいます。
一体どんな話になってるのか、ちょっと気になります。
ついでですが、やっぱり女性キャラはウザがられていたんですね。

今日の添付:関羽&赤兎馬
先月の関平に続いて、昔の同人誌から。
このページの隣りには「山田ァーっ!」とは叫ばない張遼が居ました。
関雲長と赤兎

posted by 摩亜 at

1時頃、東京に雪が……!/摩亜 [◆三国志]

本日、1時頃東京某所に雪が降ってました。
ちょうどお仕事のお昼休みで、友人と会社のビルを出たら、雪がはらはら……。
ええ~~~!
今日、東京だけは晴れって予報じゃなかったっけ?
……と、びっくりしつつもご飯食べ終わって外に出たら、すっきり晴れてました。
あれ?

後でその時間に外に出なかった人たちに「雪が降った!」と騒いでも誰も信じてくれません。
…………本当だもん。

さて、本日は友人との飲み会でした。花粉症×3人との飲みの帰りは、3人共マスク姿でやや不気味(笑)
そういえばその席で、最近、目がぐじぐじして痒くて痛くて風が染みる、と言ったら
「Welcome!」と喜ばれてしまいました。
鼻もくしゃみも何とも無いのに、目が疲れてるだけで花粉症と決め付けられてしまったのです。
この季節に風邪のような症状が出て医者に行くとまず「目は痒くないですか?」と聞かれて、「痒い」と答えると花粉アレルギーの検査をされるそうです。
鼻も咽喉も何ともなくても、目に来る事が多いんだとか……。
いやだああ! 花粉症デヴューは嫌だあぁぁぁぁ!
このいつもの飲み会メンバーには、医療関係勤務者が居ます。
「目を取り出して洗いたいでしょ?」と、にこにこと聞いた来ました。
「針の付いてない注射器を手に入れて、目に向けて精製水をぶしゅっとかけると良い」と教えてくれました。そんなの恐くてできるかーーーーーっ!
カップ型の目を洗うヤツはあんまり使わない方が良いらしい。多分、目の周りの皮膚に良くないんだろうな。そこに精製水なら問題無いみたいです。
「ちゃんと医者に行って、アレルギー用の目薬を貰った方がいいよ」とも言われました。
……だから、花粉アレルギーと決まったワケでは……(T▽T)

さて、今月も私は個人的にとても忙しいです。
超お久しぶりにゆらさんと会う約束も有ります。ゆらさんだけでなく、超々お久しぶりに三國志の仲間集結!
とても楽しみですv
みんな揃って運試しに、『人形劇三国志フィギュア・第弐集』を購入する予定。
白孔明が出たら、まず最初の一個はゆらさんの物で、赤曹操が出たら同行の友人の物になるんだろうな(笑)。

それから……。
3月なので、送別会が幾つか有ります。
会社の一番仲の良い同期の友達が異動してしまいます。
今も部署が別なので、いつも会ってるワケでは無いのですが、同じビルだと朝や帰りに駅で偶然会ったり、帰りに待ち合わせて遊びに行ったりしてたのですが……。
そんな訳で、とっても寂しい思いをしています。
もちろん、家もそんなに遠くないんで、職場が変わっても一緒に遊んだりはします!
……でもやっぱり寂しいな。

そんなんで、今月もプライベートが忙しいです。

本日の添付:浅井長政元服前。
浅井長政

posted by 摩亜 at

久しぶりに/ゆら [◆三国志]

今日は本当に久しぶりに、三国志で知り合いになった方々とお会いしました。
イベントに行かなくなって久しいので、ヘタすれば五年はお会いしていないことになります。
で、朝からの行動。
朝、泊めて貰った友人宅を出、電車で新宿へ。途中、車窓からコーエービルを眺めました。
待ち合わせまでの時間つぶしにゲーセンに入って「クイズマジックアカデミー2(KONAMI)」を初プレイしました。なんだかんだ言って、修練生から、初級魔術師3級くらいまでやってしまいました…。このゲーム、前作も好きだったんですけど、如何せん地元じゃ置いてないからプレイ出来ないんですよう (TxT)。

お昼過ぎに、夕方に、と二人の方々とお会いし、ご飯を食べ、カラオケをして、ととっても楽しい時間が過ごせました。
さらに夜には終業後の摩亜さんと合流し、イベント、三国志フィギュア第2集で運だめし大会を行いました(笑)
それぞれ五つずつ購入したところ、私の購入したものに入っていたのは
孔明×2
曹操×1
曹操(象牙)×1
周瑜(象牙)×1
でした。
結局その場で孔明の一人と象牙曹操は嫁に行き、代わりに関羽と象牙孔明がやってきました。
こういうのってやはり、開封する瞬間が楽しいですね(笑)。

そうこうして、摩亜さんにアンジェプレメモカをいただき(大切に使わせていただきます)、最後にもう一方と合流、私はご飯を食べ過ぎ、最後には高速バスに乗り遅れそうになるわ、乗ったあと食べ過ぎで車酔いして数時間むかむかしてるわでいろいろありました(^^;

いろいろご迷惑をお掛けしましたが(特に終わりの方)、皆様バスを見送ってくださってありがとうございましたv
とっても楽しい時間でした。
これに懲りずにまた遊んでやってくださいませ。

画像は、今日三国志関連のお友達に会えたことにちなんで、荀イクです。
誰が何と言っても荀イクなのです。漢文は、張遷碑から抜粋です。

文若

三国志と言えば三国志/摩亜 [◆三国志]

疲れていたので、変な時間に寝たら変な時間に起きてしまった。
でもってTVをつけたらやっていたのが「鋼鉄三國志」
陸伯言が主役らしいです。
どうしよう。笑いが止まらない。
陸伯言の師匠が諸葛孔明だったり(この二人ほぼ同年代だぞ?)、父親が息子に「陸遜(名字+名前)」と呼びかけたり。
突っ込みたくてウズウズしてきます。

まあ、IF三国志だそうですが。
孔明の声が子安さんか。主役より豪華だのう。
ちょっと腹黒っぽくて、良いぞ良いぞ。
あはは。
posted by 摩亜 at

諸葛菜?/摩亜 [◆三国志]

会社の帰りに発見。
――「ショカツサイ」

孔明か子瑜か均か。
まあ、こういう花なんで、隆中時代の孔明かなとも思う。

諸葛菜01諸葛菜

posted by 摩亜 at

桃園結義/摩亜 [◆三国志]

我が家の近くに、とっても美しい桃の木がありまして、通るたびに「同日同時刻に死なん!」という野太い声が聞こえてきそうな気がしています。
花は本当に綺麗な濃いピンク色、いわゆる桃色です。
桃の節句に飾るならぴったりだろうけど、ナンだってまた、あんなムサいおっさん達の酒盛り場面に「桃園」なんて使うかな。

……と、生の桃の花を見ながら思いました。
しかしやっぱり最初に出てくるのが「三国志」である辺り、かなり毒されているんだな(⌒⌒;)ゞ

桃園

posted by 摩亜 at

孔ピー&周ピー/摩亜 [◆三国志]

毎年のことながら、夏バテして体調が悪いと喚いている時期にこんな日記書いている場合じゃないんだけど。
……しかも、夏コミもスルーして、本当にこんなコトを書いているのはおかしいんじゃないかと、自分でも思っているんだけど。

だって、どうしても、可笑しくて!
しかもそのくせ、欲しくて仕方無いんだ!

孔ピー&周ピー(笑)

これ、ジョン・ウー監督の三國志映画「Red Cliff」の前売り券を買うと、限定で付いてくる「知恵と勇気の友達・三国志キューピー」なんだけど。

何か、良い!

よく分からないけど、良い!
本気と書いて、マジで『孔ピー』が欲しい(笑)。
周公瑾は、見ても誰だか分からない作りだから、どうでもいいけど、この孔ピーは欲しいでしょう!
わ~、ゆらさんのお誕生日に、この前売り券買って、贈っちゃおうかな。
posted by 摩亜 at

最後の一個/摩亜 [◆三国志]

孔ピー昨日の日記に書きました「Red Cliff」の『孔ピー』、ゆらさんの為にGETして参りました!
いやあ、何か。
団扇を浴衣の帯に挟み込んで、東京音頭を踊っているみたいですね(笑)。
でも、これを入手するのに、それなりの苦労をしたので、ここにその軌跡を綴っておきたいと思います。
タイトルにも書きましたが、これは新宿にあった最後の一個なのです。

そもそも、体調不良で自分の日記を休んでいるわたしが、お買い物のついでとはいえ、混み混みの新宿東口を歩きまわった事が凄いのだ。
……愛ってヤツだね(笑)。

新宿で「Red Cliff」の前売り券を扱っていると公式サイトに書いてあったのは、新宿アカデミー、新宿ピカデリー、そしてバルト9の三箇所。
うちから一番近い新宿アカデミーでは、孔ピーどころか周ピーも無く、「特典付き前売り券完売」状態でした。
そのまま新規オープンとなった新宿ピカデリーへと行き、前売り券を扱っているというグッズ売り場へ。
「特典付き前売り券」は有るかと聞けば、ビニール袋に入った大量の周ピーと、別のビニール袋に入った孔ピーが一個。
実は、当初の予定では、孔ピーが三個欲しかったんですね。
ゆらさんの分と、自分の分と「Red Cliff」に誘おうかと思っていたKさんの分。
前者は孔明の大ファンだからで、後者二人は孔明キューピーをネタとして笑うため。
ピカデリーの担当の人に、孔ピーが三個欲しいと訴えて、他に残っていないか探してもらったのですが、やっぱり一個しかありませんでした。
まあ、そうなれば、孔明好きな人が最優先かなと。
あ、そうだ。山盛りの周ピーも見たんですけど、何か一般兵みたいで、どこが周公瑾なのか全く分かりませんでした。
頭巾の羽も無ければ、片肌脱いだ陣羽織(?)も無く、本当に単なる鎧姿なんですよ。
ですから、周ピーには目もくれず、孔ピーを一個だけ購入して、バルト9へ移動。
実はバルト9で映画を見たことが無く、どこにチケット売り場があるのかと探してしまいました。
その苦労の末たどり着いたチケット売り場で、「当館では前売り券の扱いはありません」と言われた時のがっかり感たら有りませんでした。
だって、公式サイトに書いてあったのに……。

cid highwind.jpgまあそれでも、8/11から発売されていたのに、昨日初めてその存在を知った出遅れにも関わらず、一個GETできて良かったです。
そんなワケでゆらさん。
リクエストのブツやシド缶と共に送るんで、映画も観に行って下さいね。
大丈夫。ちゃんとシドの賞味期限切れ(2008/09/21)前に着くように手配するから(笑)。
それにしても、シド缶をモノクロで撮ってみたけど、やっぱ格好良いなあ。
posted by 摩亜 at

『レッドクリフ』の広告/摩亜 [◆三国志]

ところで久々に電車に乗ったら、戸袋横の窓のところに「Red Cliff」の広告が4枚貼ってありました。
曹孟徳、周公瑾、諸葛孔明、小喬。
……あのさ。
たかだか「赤壁の戦い」だけを描いた映画で、『三国志を完全映画化』って有り得ないから。
しかも演義準拠、しかも曹孟徳の赤壁の目的は小喬が欲しかったからって。
ナンじゃ、そりゃ?
こんな『三国志』でいいのか?

別に魏ファンじゃないけど、曹孟徳をそういう描き方されるとムッとする。
ああ、確かに背は小さかったらしいし、女好きも認めよう。
しかし、そこまで器の小さい男じゃない。……と思う。
中国人はどうも曹孟徳が好きじゃないみたいで、以前に観た中国産『三国志』の映画でも、あんまり良い描き方をされていなかったな。
日本で言うと、織田信長が否定されているようなモンだと思うんだけど……。

posted by 摩亜 at

RED CLIFFを見てきた!/ゆら [◆三国志]

摩亜さんにいただいた前売り券で、公開からかなり遅ればせながら見て参りました。RED CLIFF、赤壁 パートI。
摩亜さんありがとうございまーすv
どこでも公開してるのかと思ったら、字幕公開してる劇場は一カ所だけになっていました…
てことで、金曜日仕事帰りに中讃にあるワーナーマイカルまで車で移動ー。

本編前におそらく日本人向けと思われる三国志の概要解説。ほんとに概要。
曹操は大群を擁していて、孫権と劉備に迫っていますよ、って感じで。他の勢力とか完全無視。
三国志について随分と忘れたことも多いのでどきどきしながらの鑑賞でしたが、さすがにそのくらいは覚えておりました。

そして、本編開始前に見た「字幕:戸田奈津子」に絶句。
英語なんて本編に一句たりとも出てこないのになぜ出しゃばってくる戸田奈津子!!
そういう認識で見ていたからかも知れないですが、字幕の台詞に格調が無いというか、現代劇みたいな調子な字幕でした。
中国語はすこし囓っただけですけど、一時とある清朝の時代劇にはまっていた影響で、北京語での時代がかった言い回しはいくつか覚えているのですが、字幕の語調とは違和感を感じました。全体的に。
吹き替えはどうなんでしょうか、機会が有れば吹き替えを見に行きたいです。

冒頭は許昌、献帝を先に待たせて、後から曹操がやってくるという、力関係を示す場面から。
曹操が歩を進めるたびに鳴る佩玉の音が涼しげで印象的でした。
劉備を討伐することを宣言した後、長坂坡のシーン、孫権との同盟、赤壁へ、という流れです。
メインの赤壁の戦いは後編へもちこしです。
というか、今回の全体が、次の赤壁の戦いのためのプロローグみたいな感じでした。
内容は、ジョンウーの解釈による三国志演義。流れは演義に沿っていますが、人物のオリジナルのサイドストーリーが色々盛り込まれていました。
えーって思う場面もあるにはありましたが、これもこれでありかなと、思います。作品としては面白かったです。
何より合戦シーンはとても見応えがありました。
様々な武将の活躍、また孔明が陣を指揮するのですが、その全景や動きがさすが中国って感じの壮大さでした。

細部の感想を書こうと思ったのですが、内容を確認するために公式サイトをみたらば、突っ込みたいところが色々出てきて、どこから書けばいいのか分からなくなりました。それもまた楽しみの一部なのですが…。

だって、公式サイト、「若き皇帝孫権」とか、「帝国が攻めてくる」とか…。
劉備などは、その帝国のために戦ってるんですけどねえ…。
キャラクター&マップには既に劉備は蜀を擁してるように見えます…。
大概「帝国」って言葉にも違和感を感じます。でも本編中でも漢って言葉が字幕に見えたのは、曹操の紹介の「漢の丞相」ってくらいじゃないでしょうか。

以下ネタばれ含む簡単な感想です。未見の方はご注意願います。




ネタばれOK?


TOKYO MXで三國志/摩亜 [◆三国志]

TOKYO MXというとってもマイナーなTV局で、本日より「中国ドラマ 三國志」が始まりました。
中国中央電視台が制作した三国演義で、日本で言うところの大河ドラマ。
BSでは何度か放送しているみたいですが、わたしは初めて観ました。
わたし自身は「レッドクリフ」完全否定派ですが、あの映画のおかげで三國志に日の目が当たって、こういうドラマが放送されるのは有り難いですね。
こちらの「三國志」は、ジョン・ウーを「中国の文化を売った売国奴」と罵った中国人から絶賛されているらしいので、良作の期待大です。来週からも、とても楽しみです。
ちなみに本日の第一回は、桃園三兄弟決起から督郵の鞭打ちまで。
1時間でここまでしか進まないので、これはかなり先が長そうだ。
でもって、関雲長と張翼徳が凄く良いです!
っていうか。張翼徳ね、張翼徳以外の何者にも見えないくらい張翼徳でした!
難有りと言えば、玄ちゃんが偽善者っぽいところかな。
ま、演義準拠だから仕方無いか。

この勢いで、横山光輝アニメ三国志(テレビ東京)の続きやらないかな~。
確か、赤壁終了のトコで打ち切られたんだよね。凄い尻切れトンボで「え?」って感じだった記憶が有る。
まー、わたしの三国志は曹孟徳没、または劉玄徳没までなんで、あと半年くらいやれば終わると思うんだ。
ちょっと自慢なんだけど、今でもまだ「時の河」を歌えるぜっ!! ←1番だけね。
そういえば、あの曲に合わせて、曹孟徳がどんぶらこどんぶらこと流されていくイラストが有って、大笑いしたっけな@光栄歴史パラダイス。

ああ、そうだ!
この三国志人気に便乗して、ちょっと訴えてみる。
あのー、川本喜八郎先生のフィギュアが余ってます。
◆第壱集の5人(劉玄徳、関雲長、張翼徳、趙子龍、諸葛孔明)の象牙色×各1。
◆第弐集の諸葛孔明彩色版×1。
玄ちゃんと孔明は開封済みだけど、他は未開封です。保存状態バッチリ!
いかがですかー(笑)?


三國志 完全版 全14巻 [DVD]

三國志 完全版 全14巻 [DVD]

  • 出版社/メーカー: video maker(VC/DAS)(D)
  • メディア: DVD


posted by 摩亜 at

本日の三国志@TOKYO MX/摩亜 [◆三国志]

ポーションに熱中していましたが、ちゃんと「三国志」は観ましたよ。
コンビニのはしごをする必要が無かったので、最初の予定よりだいぶ早く帰れましたしね。

曹操来ましたっっ!!
董卓暗殺未遂⇒袁紹たちとの反董卓連合軍にて、ついに運命の劉備・関羽との対面と、とても楽しそうでした(笑)。
いや~、顔は決して良くないの。まあまあ呂布が良い顔かなってくらいで、他はもうどこにも美形ってのが居ない。
それが良い。
でね、観ているうちに、この頃の曹操には惹かれていくわけです。
ぶさいくでちっちゃい親父なんですよ。
階段差があるのに、関羽と並ぶと可哀想な身長でした。
でも、格好良いのさ!
ところどころで問題行動を起こしているが、官渡までは本当に格好良いよな~。

対する劉備ですが、ナンだかこの弱そうなおじさん顔に慣れてきました。
呂布vs三兄弟とか観ていると、「ああ、劉備が参戦しなければ、呂布の首を取っていただろうに……」といつも思うんだけど、玄ちゃんは玄ちゃんで嫌いにはならないキャラなのよね~。
ま、正史に描かれているやくざの親分みたいな玄ちゃんの方が好きだけど、演義の玄ちゃんも嫌いじゃないのよね。
この三国志の劉備は良い感じです。

一応、単なる脇役だったけど、呉にも触れておこうかな。
堅パパがちょっと可哀想でありました。
孫策と周瑜の義兄弟コンビに期待です。

以下、OMATUさんへ私信。


posted by 摩亜 at

大三国志展/ゆら [◆三国志]

先日の宝塚の全国ツアーの香川公演に向かう時にふと目に留まったのが会場隣の香川県立ミュージアムです。
今、大三国志展をやっています。
もののついででチラシを貰ってきました。

20081215.jpg20081215-2.jpg


会期は11/26~12/24まで、場所は香川県立ミュージアム。お近くにお住まいで興味のある方は是非どうぞ。
それはそうと…チラシの孔明の顔が気に入らない。
裏面を見ると、三国志の主な人物の名前が羅列していますが、やっぱり孔明だけが字付きで紹介されています。
展示内容は、「物語でたどる三国志」、演義の名場面紹介らしいです。
それと、「出土品でたどる三国志」。武器、金印、装身具、副葬品などが展示されているとのこと。
面白そうなので、展示中に時間が取れれば見に行ってみたいと思います。

最近いろいろなところで三国志という文字を目にします。
地元新聞社の週一で発行されている広報紙にも三国志特集が組まれていたし(内容はこの展示の案内でしたが)、ネットでもテレビでも目にする機会が多いです。
レッドクリフのおかげ…おかげ?
この大三国志展のチラシにもレッドクリフの鑑賞割引券がくっついていました。

私も三国志を知ったきっかけはとても人様に言えるようなものじゃないので(光栄のCDドラマのしかもDXシリーズからだったなどとはとても…)、偉そうなことは言えた義理ではないですが。
というわけで、きっかけの入り口はどうあれ三国志がもっと一般に広まれば…何かいいことあるかなー?

先日拓本を見てきた話とか


本日の三国志@TOKYO MX/摩亜 [◆三国志]

昨夜のディシディア初出ムービーのせいで、すっかり寝不足。
夕飯を食べ終わったら、正直とても眠かったのです。
しかし、今日は「三国志」の日。
先週は、見た目は悪いけどやっぱり格好良い曹操に目を奪われましたので、今日はナンだろうと楽しみにしていました。

今週は呂奉先だーー!!!
しかも、呂奉先だけをピックアップしているので、先週から時を遡って、丁原殺しの前から。
これは元の話を知らないと、時間軸が分からないかも。
そして王允と貂蝉登場。
貂蝉の眉毛がすっごく濃くて気になりました。
うお、冠の中の髪型ってあんななのか。正直ダッサ!
……しかし、呂奉先は赤兎馬を貰った時も貂蝉に会った時も分かりやすくていいな(笑)。

といった辺りで、うっかりうたた寝しました(T▽T)<起きた時には「三国志」とっくに終わってた。
どこまで行ったんだろう?
董卓殺しまで行ったのかなー?
張遼や陳宮はまだだと……いいな。

posted by 摩亜 at

久しぶりに三国志@TOKYO MX/摩亜 [◆三国志]

三国志の話の前に。
「海の水族館」のしー様が、手術成功して元気に復活されていました。
お祝いが遅くなってすみませんでした。
無事の復活、おめでとうございます!
更なる萌えを期待しています。

さてさて、PSPをソニーに送ってしまったので、英雄再生計画を進める事も出来ず。
FF5をやろうかと思ったのですが、そういえば今日は「三国志」の日だと思い出し、久々に観てみました。
グッドタイミングで「赤壁の戦い」でした。
ホウ士元の「連環計」が成功となり、上機嫌の曹孟徳から始まりました。
ああ、ここでトンベリ先輩のせっかくの苦言をしりぞけちゃうから!
それで悔しがる時は、郭奉孝の名前を出すってどういう事よ。

うわー、何か唐沢寿明がつぶれたみたいな周公瑾ですよ?
これが美周朗ですか?
孔明は怪しさと腹黒さが同居していて良い感じの見栄えです。
「演義」準拠なんで、七星壇の上で「東南の風を吹かせましょう」をやっていました。
私的には、「演義」の中では大嫌いな場面ですが。
↑だって、赤壁を膝元にしているのは周公瑾ですから、この時期に何日かだけ東南の風が吹くのを知っていて然るべきでしょ。分かった上での「火攻め」計画に決まってるじゃん。
むしろ風が吹かないのに「火攻め」とか言っちゃってたら、凄いバカ軍師だっつうの。
孔明を引き立てる為に周公瑾をアホ扱いする演義のこういう演出、許せないなー。←ちなみに周公瑾とホウ士元と荀文若贔屓。ついでに魏文長も大好き。

まあ何にしても東南の風が吹いたので、赤壁はここから一気にスペクタクルですよ。
老将軍と雲長、格好良いなあ。
それにしても、この孔明は腹黒さが顔に滲み出ていてかなり良いぞ。
あ、でも言っておきますが、わたしの思い描く孔明は決して腹黒ではないですよ。
正史の孔明は、能力は演義に比べて劣るけど、とても綺麗なイメージ。

posted by 摩亜 at

昨日に続き、三国志@TOKYO MX/摩亜  [◆三国志]

TOKYO MXの「三国志」は、火曜と水曜にやっているいたいです。
飛び飛びで見ていたので、あんまり気にしていなかった。←どんだけアホですか?

本日は、「赤壁の戦い」ラストです!
黄蓋が火の船で突っ込むところから開始。
またまたトンベリ先輩から苦言をいただいたのに、丞相ったら。
嵌るべくして嵌った火攻めでした。

逃げ惑っている曹孟徳の、どんどん哀れになっていく姿も見事でしたが、それ以上にギョッとしたのが、屍累々のシーン。
火攻めから一夜明けた赤壁。
魏軍の船の上には、無数の屍が、無残にも横たわっていました。
結構なインパクトのあるシーンだったと思います。
最近のゲームなら、間違いなく「残虐」でCERO Cくらいかな。
こういうシーンって、やっぱり子供にはトラウマになるんだろうか。

まーとりあえず、本当にボロボロになった曹孟徳ご一行を、雲長が苦悩の末に見逃すシーンは良かったですよ。
関平、普通の子だった。……顔が。
張遼のあの表情は、本気なのか雲長の情に弱いところを突くための演技なのか。やっぱり張遼だから前者なのかな。
しかしまあ、これで更に曹孟徳が雲長にぞっこんになるのはよく分かります。
全体的に、なかなか見応えのある華容道でした。

孔明の狙いを知っているはずなのに、真剣に雲長の命乞いをする玄徳がとてもいとおしかったです。
もちろん、張益徳も可愛かったぞ。
でもなぜか、この三国志の子龍には惹かれないな。

posted by 摩亜 at

腹黒孔明in三国志@TOKYO MX [◆三国志]

赤壁の戦い後も、観られる時はちゃんと観ていましたよ。
周公瑾の失敗美人計とか、孔明&いかした仲間達が呉から荊州を騙し取ったとか。
――で、本日は周公瑾の葬儀でした。

ここら辺り、本当に孔明の腹黒さがよく出ておりました。
あまりにもあざとい。
孔明の、人を見下した態度が大嫌いです。
こんな演技に騙されて感動している呉の連中が、とてもバカに見えます。
生前の周公瑾の言葉をどこまで聞いていたんでしょう?
特に孫仲謀だ!
……これが伯符なら、きちんと公瑾の言葉を覚えていただろうに!

周公瑾の葬儀で、こんなにわざとらしい演技しているから、『出師の表』を読んでも涙が出るどころか、「はっ(鼻で笑う)、またまた孔明様のお涙頂戴演技か」としか思えないんですよね~。
本来は責められるべく自らの起用ミスさえ、同情を引く演技&セリフと馬謖の命で乗り切ったヤツですから、全てが虚に見えてしまい、その中に実を見出す事が全く出来ません。
何をしても、腹の中で舌出していそうな感じ。
ま、アンチ孔明(演義)の考え方は、こんなものです。

「出師の表を読んで涙しない者は人間に非ず」と言われようが何だろうが、こんな腹黒い男のいかにも泣いて下さいという意図が見え見えの手紙などで、誰が感動するかってんだ。
人間じゃなくても別にいいや。


わたしとは真逆に、相方のアマ公しゃん(仮)は孔明大好きです。
反論があったら、きっと書いてくるでしょ。←永遠に平行線だけど。
世の孔明ファンは、アマ公しゃん(仮)の反論を持して待て。


【MEMO】
来週の放送は、3/9(月)20時から。

posted by 摩亜 at
前の30件 | - ◆三国志 ブログトップ