So-net無料ブログ作成
◆水滸伝 ブログトップ

108星の日/摩亜 [◆水滸伝]

10月8日で「108星の日」です。
ええ、特にこれと言って何もしませんけど(のっほほ~ん)。

今でこそ「幻想水滸伝」FAN SITEの運営をしていますが、108星と言うと「水滸伝」の印象の方が強いです。
これは付き合ってきた歴史の長さが10年以上違うんで、仕方無いかな。
して原作の「水滸伝」で、私が最も好きなのが「天暗星・青面獣楊志」です。
フリックなどと比べ物にならない不運者(笑)
この人がどれだけ運が悪いかと言うと。
三代も続く高名な武家出身で武科挙に受かりながら、当時の馬鹿皇帝の趣味・石(本当に石なんですよ……)を運ばされ、何と大時化に遭って失敗。ここから逃亡生活が始まる。
次には金に困って家宝の刀を売ろうとしてチンピラの牛二にからまれ、その家宝とやらの刀の切れ味を見せてみろ~ベロベロ~と嘲笑われた事に怒り、「では、この刀の切れ味を見せてやる」と牛二を斬るという暴挙に出て流罪。
その後、恩赦が出たけど高キュウに一蹴される。
そんな楊志を拾って目をかけてくれた梁中書に、今度は十万貫の「生辰鋼」運びの責任者にされる。
その十万貫の「生辰鋼」を世の豪傑が放って置く訳無く、策を弄して奪い取って楊志の人生を狂わせたのが、晁蓋、呉用、阮3兄弟、公孫勝、劉唐の北斗七星7人組。
そのトリックも見事(そりゃ呉用/天機星が作戦を立てたんだから)の一言で、しびれ薬から目が醒めた楊志はたったか逃亡。
その後、自殺を覚悟。
しかしそれを取り止めてやった事がドキドキしながらの初無銭飲食(笑)。
その後、何かが弾けた楊志の人生は魯智深との出会いから上手く行きかける。
魯智深、曹正と、知力と腕力で二竜山を乗っ取り楽しく山塞経営。
天傷星・武松や人肉饅頭の代名詞・孫ニ娘なども加わって、梁山泊に次ぐ勢力だった二竜山で好き勝手やってた時が楊志の幸せのピーク(多分)。
その後呼延灼襲来のせいで、二竜山のメンバーは全員梁山泊入りしたが……。
その時の梁山泊の頭領は晁蓋。楊志の運んでいた十万貫の「生辰鋼」を奪ったメンバーは主力として頭領を務めている。
そんな梁山泊に入山したのを……楊志にとって幸せと言えるのだろうかっ!?
天の星ですからね、扱いは悪くないですけどね。

今年の108星の日は、天暗星紹介でした。
来年はその次に好きな魯智深を紹介する予定(あくまで予定、決定に非ず)
再来年は更にその次に好きな武松を……(決定に非ず)
posted by 摩亜 at

甘茶の日/摩亜 [◆水滸伝]

『水滸伝・天導108星』引き続きプレイ中。

『水滸伝』の中で、私がご贔屓なのは二竜山トリオの青面獣楊志(天暗星)・花和尚魯智深(天孤星)・行者武松(天傷星)です。
そのうち『不運と青い人(天暗星)』とか『義に厚い力自慢の人気者(天孤星)』なんてのも書いてみたいんですけど……。
自分の好きな水滸伝キャラが幻想水滸伝に被ってる、または幻想水滸伝キャラの方が格好良く描かれていて人気も有るという状態は、嬉しいものです。
楊志なんかは、完全にフリックさんの方が人気有りますし男前に書かれていますから、天暗星好きには嬉しい限り。1と2だけだったらね。
『水滸伝』ゲームやりながら、思い出しても何故あいつがあの宿星なのか? とムカムカしてくるキャラも幻想水滸伝シリーズには居ます。
4の天暗星は完全に原作以下、最悪です。キャラ的には嫌いじゃ有りませんが、天暗星で有る事だけは許容できません。3の天暗星もイメージとは程遠く、軍略の欠片も感じられない3と4の天機星も許容範囲から著しく逸脱しています。キャラの好き嫌いでは無く、宿星に合致していないと言う意味で許せないのです。
原作からイメージされた宿星をぶち壊すのはやめてもらいたいなぁ、と思うのは、一部のヘンな拘りを持ったファンだけなんだろうけど。
でも、1や2の宿星のイメージを壊さないで欲しいと望んでる人は多いんじゃないかな。
だから、4の天間星は彼なんでしょう?

実際に5が制作されているのだとしたら、原作もしくは1や2の宿星のイメージを壊さないようにして頂きたいなと切に願います。
posted by 摩亜 at

どこにも書けない水滸伝/摩亜 [◆水滸伝]

水滸伝を久々にやりながら、思い出してる事が有ります。
横山光輝氏の『アニメ・ジャイアントロボ』には、水滸伝キャラが面白いくらい出ていたなぁ。
――と言うかこの『アニメ・ジャイアントロボ』は横山作品キャラがたくさん出てくるので、ともかく笑えるのです。
しかし設定がブッ飛びすぎていて、水滸伝を真剣に語るサイトさんやサークルさんからは完全無視を食らっているようです。もし私が水滸伝サイトを作ったら、やっぱり真面目な所には紹介を置けないでしょう(笑)

登場キャラ一覧
・一清道人(天間星・公孫勝)
・解宝(天哭星)
・解珍(天暴星)
・花栄(天英星)
・黄信(地サツ星)
・コ・エンシャク(天威星・呼延灼)
・呉学究(天機星・呉用)
・周通(地空星)
・戴宗(天速星)
・鉄牛(天殺星・李逵)
・樊瑞(地黙星)
・楊志(天暗星)
・玉麒麟(天コウ星・盧俊義の渾名)や混江竜(天寿星・天寿星の渾名)なんて言うヘリも登場。

で、どのくらい話がブッ飛んでるかと言えば、戴宗と楊志(女)が夫婦で、楊志が全身青い(!)、とか。混世魔王・樊瑞が一清道人(天間星・公孫勝)の兄弟子にあたり、実力も樊瑞の方が上とか。花栄と黄信は今は亡き(!)霹靂火・秦明に師事した間柄で大親友とか。
笑い所も突っ込み所も満載です。

しかしそんな中、私が拍手喝采したのは、敵の軍師・諸葛亮孔明(水滸伝じゃないじゃん)。
スーツに白羽扇でご登場していましたなぁ。いかにも腹黒っぽくて良かったです(笑)。
posted by 摩亜 at

撲克/摩亜 [◆水滸伝]

先日中華街で購入した『水滸伝トランプ』を含めて、我が家に有る三国志×2種と水滸伝×2種のトランプです。
一番上のカードは趙雲、2番目は曹操(箱に描いてあるのは諸葛孔明)、3番目が先日購入した水滸伝トランプで、羽扇を持ってるのが呉用(天機星)で後ろの怪しい導師が公孫勝(天間星)、一番下が一番気に入っている水墨画っぽい水滸伝トランプ。林冲(天雄星)と関勝(天勇星)。

撲克

こういうのを参考にして何を描くかは、まあそのうち。
このトランプの絵柄を見てもらうと、幻想水滸伝5のルクレティアを初見で『軍師』と言った理由は分かってもらえると思います(笑)
posted by 摩亜 at

ゆらさんのお土産・其の二/摩亜 [◆水滸伝]

ゆらさんに強請ったブツ。
それは「水滸伝」のDVDでした。
実は水滸伝の映画やTV放送のビデオというのは、昔から結構あるんですよ。
でも、映画はさて置き、ビデオは高い! 巻数も多い! ってんで諦めていたんですよ。はい。
映画は林沖主役や燕青主役のモノなどが有ります。観てないけど。
今回ゆらさんから頂いた「水滸伝」は全1720分という代物なので、TVドラマのDVD化だと思います。

――で、今日の添付はDVD「水滸伝」のパッケージ。
「ちょっと不安」と昨日書いた理由は、パッケージに名前が出ているのが、宋江、林沖、魯智深、武松、李逵、呉用、ハン金蓮のみ。裏もそうです。
この役しか有名な役者さんを使ってないだけなのか、この7人しか出ていないのか。
ついでに、パッケージ見ても、誰だかわかるのが、宋江、呉用、林沖、ハン金蓮の4人だけ。
右下は李逵かなあと思うんだけど、剃髪前の魯智深の可能性も捨てがたく……。
左上は関勝みたいなんだけど……。関勝の名前が無いしなあ。

水滸伝DVD

posted by 摩亜 at

水滸伝DVDその後/摩亜 [◆水滸伝]

水滸伝のDVDは、字幕が中国語でした。
元から話を知っていないと全く分からないだろうなあ、あっはっは。
想像してたより、画面はまともに作られていて、面白いです。第一集(全43集)に出てきた王進先生がめさめさ格好良かったです。うん。
水滸伝は梁山泊に集まる前の話の方が楽しいです。
あ、昨日書いた7人以外もちゃんと出てきましたよ。九紋竜・史進がイマイチな顔だったのが、とっても残念。
ただいま第三集鑑賞中で、TV画面ではろっちーが酒飲んで大暴れしています。
いいなあ、魯智深(笑)。

「たら、れば」はいかんのかも知れませんが、ビクトールがあまりにも魯智深っぽかったんで、5の天孤星は本当にがっかり。
キャラが好きとか嫌いとかじゃなくて、天孤星に相応しいかどうかってコトだけね。
そういう意味では、4の天暗星もアレだったけど。
原作が好きな人間の戯言です。

今日の添付はベルクート。
まだ描いてたのか、お前って感じですね。
もう、このまま色塗って終わらせようと思ってます。

ベルクート・ペン入れ

posted by 摩亜 at
◆水滸伝 ブログトップ