So-net無料ブログ作成
◆ゆら宅の犬 ブログトップ

犬について/ゆら [◆ゆら宅の犬]

我が家には犬がおりまして。
シェットランドシープドックです。もらい物です。六歳で我が家にやってきました。
いわゆる屋外で飼っている外犬なのですが、冬場は甘やかしちゃいまして、玄関先に入れているのです。
そうすると、犬の方も甘やかされているのが分かるのでしょうか、それとも作戦なのでしょうか。ちょこちょこ玄関を登って廊下にいると思ったら、いまじゃ家族の後ろをついて回るようになりまして。我が物顔で家の中を歩いている訳です。
そのうち家族の目を盗んで家の中をうろうろし始める訳です。

夕方、台所の床に食パンの袋が転がっていました。
棚に収めておいたはずなのに、不審に思って拾い上げると、パンの袋の口に歯形が……。
どうやらパンにはたどり着けず、諦めたらしく、中身は無事でしたが……
……あかん。このままじゃあかん。
盗み食い、……するんですウチの犬は。前科があります。
祖母の家で、きんぴらゴボウを一皿平らげていた事があるのです。ゴボウ一本分。
ヤツは素知らぬ顔でおり、しかし、翌日の散歩でその証拠を自ら出したのです……(消化されてなかった……)。
というわけで、玄関から台所に通じる廊下にバリケードがくまれたのですが、問題が一つ。
人間さまの通行にはなはだ不便……。ちーん。

犬の事/ゆら [◆ゆら宅の犬]

うちには犬がいるという事を以前書いたと思います。
シェットランドシープドックです。牧羊犬ですね。
コリー犬は大型犬ですが、それの中型を想像して頂ければよろしいかと。

で、うちにいるこの犬、馬鹿です。
歩いていて溝に足を落とすわ、看板にぶつかるわ、おやつはキャッチできないわ、郵便屋さんにほえるわ、飼い主に吠えるわ、鼻はきかないわ、ビニール袋やナイロン袋を明ける音に対してやたら敏感だわ。

今日、うどんをひとすじやったら歓んで食べました。
どうやら気に入ったようです。
でも、塩とかあんまり良くないと思うので、二本までにとどめておきました。

あ、いや、なんか馬鹿だけどかわいいよ、ってまぁそれだけです。はい。
平和にまったり。

犬の話・上/ゆら [◆ゆら宅の犬]

改めまして、我が家には犬が二匹居ます。
シェトランド・シープドック(♂)のテリー(1993/1生)。
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク(♂)の楽俊(2003/10生)。
テリーは我が家が団地から一戸建てへ引っ越して半年ほどで来ました。
遠戚の人が飼えなくなったので、ということで引き取りました。当時テリー6歳。
初めて飼う犬に舞い上がり、そして、子犬ではないことをがっかりもしましたが、それでも「自分の犬」が出来ることに至上の喜びを感じました。
いつでも、好きなときに触れることの出来る動物を初めて手に入れることが出来たのです。
一方テリーの方は、飼い主や環境が突然替わって、とまどったのだと思います。
白けた目で睨んだり、食べ物に関することでは噛みついたり(咬まれたのは母のみ)しました。
現在はテリーの方から甘えてきたり、意思疎通もだいぶん出来るようになりましたし、食事中に触ってもうなることは無くなりました。

そしてなぜだか年末頃から、次の犬を飼おうか、なんて話が出てきました。
両親、子犬が欲しかったみたいです。テリーを見て、子犬から育ててみたいな、と思ったらしいです。
さて、そこで問題になるのが犬種です。
父は特に意見はないようです。母はパピヨンがいいらしい(以前はチワワでした。流行に流されやすい人ね)。私はバーニーズマウンテン、ゴールデンレトリーバー、ジャーマンシェパード、ハスキー…って大型犬を希望したら一瞬で却下されました。小型犬しかダメってんで、ミニチュアシュナウザーかコーギーがいい、とリクエストし直しました。
まぁコーギーが小型犬かどうかは…多分中型犬だろうけど…。
犬種は別にどうでもよかったんですけど。犬なら。
したらば、今年の一月に、安かったからといって両親がコーギーを買ってきました。
二ヶ月ちょっとで1kgも無かったやせっぽっちのコーギーです。子犬を選び方から間違ってます。父よ母よ。
安かった理由はやせっぽちだったからではなく、オッドアイだからでした。通常コーギーは茶色か黒の瞳だったかと思うんですが、この子は右目がハスキー犬のようなブルーをしていました。

つづきます

犬の話・下/ゆら [◆ゆら宅の犬]

さて、昨日の続き。
私はこのやせっぽちの命名権をムリヤリもぎ取りましたが、早く決めろとせかされて、携帯で送られてきた写真を見て(当時は実家にいなかったので)楽俊と名付けました(あの、ネズミに似てたんだもの)。
本当はゆっくり考えたかったです。ランスロットにしようか、いや、青と茶のオッドアイならロイエンタールしかないじゃないか、とか。
一月に一度会ったとき、やせっぽちでへろへろしていた楽俊は、ものすごく食いしん坊でした。
……なんでそんなに食いしん坊でやせっぽちなんだ。絶対寄生虫が居るに違いない、と思っていたのに、検便ではシロでした。
そして、2月に再び会って一緒に暮らし始めたとき、楽俊は、とっても暴れん坊でした。
何にでも噛みつく、噛みつく、噛みつく。
手に噛みつく足に噛みつく髪の毛に噛みつく耳たぶに噛みつく(ぎゃー)。
家族全員毎日どこかに生傷を作っています。
後で知りました、コーギー(成犬時10kg)のアゴの力ってラブラドールレトリバー(25kg)に匹敵するそうです。いててて。
テリーはおとなしい犬です。まず噛まない(それも問題なのですが、ガムの類を一切囓らない)、ジャンプしない。
ですが、楽俊はジャンプする、ケージは上から乗り越える(蓋をしているのに。こないだはケージに足を引っかけて逆さ吊りになって鳴いていた…危ない)、囓る(大型犬用のガムでも余裕)…。
そしてなんで犬って靴が好きなんでしょう?靴下も。
留守中にケージ抜けした楽俊は、私の枕元に靴をコレクションしてくれます。
あんまり囓った形跡は見あたりません。運んでくるだけのようです。……謎です。
そして、ケージに戻れない楽俊は粗相をします。
しかし、よりによって、幻想真書の上にしないでもいいだろう(涙)。父のズボンの上とかにもしてたみたいですが。
幻想真書は、なぜかその巻だけビニールカバー掛けてたのでセーフです。セーフ。
しかしよりによってゲドの巻に…(哀)。

……ところで新しい犬を飼うとね、古い犬より新しい犬が可愛くなるって聞いたことありませんか?
嘘です。あれは嘘です。
慣れない犬より慣れて意思疎通できる犬の方がいいに決まってる!!!
楽俊が来てから、テリーがとっても可愛く見えるようになりました。

テリーは暖かくなってきたので、外に出されています。
楽俊はまだ子犬なので、私の部屋に置かれたケージの中に居ます。
どんなに暴れん坊でも寝ているときは可愛いです。ていうか、噛みつきさえしなけりゃ暴れん坊でも可愛いです。
最近は噛みつかれないにはどういう触り方をしたらいいか、コツを家族全員体得しそうです。
しかし、それを除いても、以前に比べると楽俊も慣れてきてくれたように思います。
お座りと待てが出来るようになりました。もう5ヶ月になります。
春になって外に出て一緒に走り回れる日を楽しみにしています。
テリーも楽俊も健康で長生きしてくれることを願ってます。

自画自賛/ゆら [◆ゆら宅の犬]

なんだか年明けたらあっという間に2月になっちゃったような…。

ひさしぶりに、デジカメ持ってうちの犬を追っかけてみました。
お座りや伏せをしてじっくりいいアングルで撮るのもいいですが、あとあと見て楽しいのはやはり動きのあるものだと思います。
ほとんどブレブレになっちゃうんですけどね…。

走っている、らく(♂)です。
とても目つきが悪い。

庭に穴掘ってる、ゆえ(♀)です。
ほりほり

そして我ながらよいタイミングで撮れたと自画自賛しているのがこれ。
がぶ

左がゆえ、右がらくです。もちろん遊びなんでこんなことしてても血はみません。
らくの方が年上で、かつ体格も大きいのですが、やはりゆえが女の子だからか遠慮することが多く、こんな関係になってます。
たまにゆえの上に乗っかろうとしてますけどね(ゆえは避妊済み)。

◆ゆら宅の犬 ブログトップ