So-net無料ブログ作成
◆音楽 ブログトップ

赤と青/摩亜 [◆音楽]

ポルノグラフィティのベストを買おうかなと思っていたら。
「アゲハ蝶」「サボテン」と「サウダージ」が別アルバムに収録されていると知り、ちょっと買うのを控えました。
この選曲って、2枚とも買わそうとしてる気がするんだけど、気のせい?

こう考えるとB'zのベスト2枚「Pleasure」と「Treasure」は親切だったなぁ。
「Pleasure」1枚買えば充分満足だったモンね。

でもま、未練たらたらでSonyの公式サイトに行ってポルノのビデオクリップダイジェストを赤、青共に観てきました。やっぱり買いたくなってきたりして…。
青に「サウダージ」が収録されてたら即買いだったのにな。ぶつぶつ……。

どうでもいいけど、最近の日本の公式サイトって重い。(余談⇒意外にUKの公式サイトが重くないのは、技術の問題なのだろうか?)
幻想はまだナローバンド用にHTMLを置いてるけど、FF7ACのサイトなんて全編FLASHだしさ。
動画配信も嬉しいけど、公式だってんならどんな通信してる人にも見られるようにして欲しいなぁ。ADSLで繋いでたって重いと思うくらいなんだから。
posted by 摩亜 at

ご冥福をお祈りいたします/ゆら [◆音楽]

幻想水滸伝IIIでOP音楽を担当なさっていた姫神の星吉昭さんが亡くなりました。
58歳、心不全だったそうです。
「まだ」58歳、だと思います。6月から体調を崩して入院なさっていたそうですが…。
とてもショックでとても残念で悲しいです。
最近、私の中でブームが再燃して、パソコンを立ち上げている間はずっとアルバムをプレイヤーで流していたところだったので、なおさらにわかには信じがたかったです。
小学生か中学生の時にNHK教育テレビで姫神の音楽を聴いて、いままでに聴いたことのない綺麗な音楽だなと思い名前を記憶に留めたのが出会いだったと思います。
今でこそ「feel」を初めとしてヒーリング音楽というジャンルが流行し、色々なミュージシャンの方々の音楽を楽しむ事が出来ますが、ちょっと前はこれといったコーナーも無く、私はこのジャンルの音楽は姫神、喜多郎さん宗次郎さんしか存じませんでした。
私にとって姫神はそういう音楽が存在することを教えてくれたミュージシャンでもあります。
姫神の音楽を聴きながら目を瞑ると、懐かしいような不思議な光景が広がります。それは緑の草原だったり、海原だったり、山野だったり、風の感触まで感じさせるような自然の情景でした。
胸をぎゅっと掴まれるような、泣きたいようなそんな気持ちになることもあります。
今まで私が聴いていた音楽とは一線を画す、特別なものでした。
そんな人が、幻想水滸伝IIIのOPを担当していると知った時はとても嬉しかったです。
OPの曲もとても大好きです。OPだけをずっと流しっぱなしにすることもよくあります。
新しい曲、そして生の音をもう決して聴けないのかと思うと、残念です。
星吉昭さんのご冥福を心よりお祈りいたします。
素晴らしい音楽をありがとうございました。

Summer time/摩亜 [◆音楽]

最近「大奥」を必ず見るようになったせいか、TVをつけてる時間が増えました。
おかげでCMも見るようになりました(笑)。
特に気になっているのが『POTENZA』のCM、ジャニス・ジョプリンの「Summer time」がかかっているからです。TVから聴こえる度に反応してしまいます。昔から大好きな曲でした、聴く度にあのシンプルなギターとベースとジャニスの声で泣けます。

「Summer time」はジャニスのオリジナルじゃなくて、ガーシュウィンの子守り歌で色々なアーティストがこの曲をプレイしてます。
うちにはジャニスの「Summer time」以外に、オイゲン・キケロというジャズピアニストの「Summer time」のレコードが有ります。
昨年亡くなった父親の形見です。
うちの家族の中で、拘って音楽を聴くのが父と私だけだったため、余命宣告された直後に父が慌てて私を呼んで、自分のコレクションから好きなアルバムを持って行けとくれた物です。他にも「アランフェス協奏曲」などを貰いました。
レコードプレイヤーも新しいレコード針も有るのですが、父が亡くなってから、まだ一度も貰ってきたレコードに針を落としていません。

音楽を聴くとフラッシュバックする風景が有ります。
「Summer time」の想い出は、切なくて悲しいです。

「Summer time」は子守り唄です。
「いつかお前が翼を広げて大空に飛び立つ日まで、パパとママがお前を守ってあげるから」
「泣かないで」
そういう詩です。
posted by 摩亜 at

JOURNEY/摩亜 [◆音楽]

もう一つ気になっているCMが日産『ELGRAND』。当然メインは音楽です。
JOURNEYの曲が流れています。タイトルは「Don't Stop Believin'」。
夏に公開された「海猿」でもJOURNEYの曲が使われていました。そっちは「Open Arms(翼をひろげて)」でした。

VocalのSteve Perryの声がすごく好きでした。
湿度の高い、潤いの有る声。
残念ながら、「Don't Stop Believin'」が収録されている「Escape」以降のアルバムではどんどん声がかすれてしまって、曲が良くても聴いてる方が苦しいかなって感じになっちゃいましたけど。
JOURNEYで一番好きな曲は「Wheel in the Sky」で、二番目が「Patiently」です。
どこぞの掲示板(笑)で書いたけど、この「Patiently」は直訳「辛抱強く」、歌詞の内容は「君の光が届くのを待ちながら、僕の中に生まれた君への歌を届けよう」という感じです。

どっかのCMで使われないかなぁ。
posted by 摩亜 at

車に持ち込むCDについて/ゆら [◆音楽]

最近比較的私に運転させてくれるようになりました。
まだ市街地には行かせて貰えないのですが…。
さて、運転している時にあればいいもの、それは、音楽!
同乗者と会話を楽しめるほどには、まだ運転に慣れていないので…。
今回運転する車のオーディオはMP3やWMA形式も読み込めると言うことで、ディスクチェンジの手間を省くためにMP3に変換してCDRに焼いて車に持ち込んでいます。
オリジナルのCDも万が一の傷から守れますしね。
というわけで、先日日記に書きました、最近聴いている音楽の中から洋楽のみまとめて1枚、幻想水滸伝のサントラ(I~III、IVのプレリュードのディスク)で1枚、幻想水滸伝のアレンジディスク集で1枚、を車内に持ち込んでいます。
あとは映画やアニメのサントラ集の作成も目論んでいますが…他に、とあるアニメのサントラも持ち込みたいなぁと画策しています。
それは「間の楔」という小説が原作のアニメのサントラです。
えー、その原作というのがJUNEものなんですけれど、とっても音楽が好きです。
アニメもすごーく出来がいいので、興味のある方は是非。
このアニメのサントラ、サントラ集として以前6枚組のものが発売されていました。
普通に発売されていた時に買いそびれて、廃盤になり、探し続けて、そして少し前に友人に頼んで見つけて買ってきて貰いました。あったと知らせをきいた時には飛び上がるくらいに嬉しかったです。
前置きが長くなりました、そのサントラを車内に持ち込みたい、しかし。
曲のところどころにキャラクター(役者名で申しますと、塩沢さんに関俊彦さんに、田中秀幸さんに、速水さんに…そうそうたる顔ぶれです。)の語りが入っています。
その語りがくせもので…「体で覚えて貰おうか」だの、或いは男同士がせつせつと吐息混じりの語り合いをしているのを、同乗者の居る車内で流すのには…抵抗…いや。流せません。ええ。絶対に。
いつか一人で乗るようになった暁には絶対…持ち込でやる…。そして流してやる(車内は勿論締め切って外には漏らしませんとも)。
誓います、ええ。言いたかったのは実はこれだけです。

ちなみに、摩亜さんのジュウハチキンについて、私も。
最近はめっきり頭の中で18禁としか変換しません。一般の人にそういう言葉を伝えねばならない時は「年齢制限の~」と濁して伝えています(^^;
ちょっと前(?)までは、R指定の意味すらわからなかったのに、今では、ニジュウヨンキンときいても、そんなにハードな表現があるの?と聞き返してしまいそうな勢いです(ネット上ではたまに24禁という表現を目にする時があるので。市民権を得ている言葉なのかどうかは知りませんけども)。

ちょっと寄り道/摩亜 [◆音楽]

ちょっと寄り道して、こんなCDを取り込んで聴いています。
ネズミー様の「エレクトリカルパレード」
ミッキーのキーホルダーにシングルCDが付いてる仕様で、エレクトリカルパレード一曲だけが入っています。
他にも東京ディズニーランドのミュージックアルバムがあったので、併せてiTunesに追加。
今は無きミッキーマウス・レビューの曲なんかも入っていました。
ミニーがヴァイオリンで「星に願いを」を弾いているんですよね~。

その中の「ハワイアン・ウォー・チャント/魅惑のチキルーム」を聴いていたら、次にはジョン・アンダーソンに着手しようかという気分になりました。
……いや、何となく(笑)。
確か「3 Ships」にジャングルっぽいSEがあったな~と思い出したのです。
でも、プログレ系のアルバムは、どこで曲を切って良いのか悩むんだよなあ。

今更だけど、Shaw Bladesが凄く良い!


posted by 摩亜 at
共通テーマ:音楽
◆音楽 ブログトップ