So-net無料ブログ作成
検索選択
 ┣宝塚 ブログトップ

宝塚星組全国ツアー/ゆら [ ┣宝塚]

今日は、宝塚星組全国ツアー
・宝塚ロマン「外伝 ベルサイユのばら -ベルナール編-」
・ロマンチック・レビュー「ネオ・ダンディズム!III」
高松公演を見て参りました。
一年ほど前から宝塚にはまってしまったにわかファンです。
好きな漫画に「エル・アルコン―鷹―」があるのですが、それが舞台化されるというので見に行ったのがそもそもの始まり。
その時「エル・アルコン―鷹―」でティリアン役を演じた星組トップの安蘭けいさんに一目惚れしてしまいました。
とはいえ宝塚はもとより舞台なんてほとんど見に行ったことがないので右も左もわからない状態。詳しい友人などに教えを請いながら、ファンへの道を一歩一歩進んでおります。
そんな中、全国ツアーで我が香川県で公演があるというではないですか、というわけで、張り切って夏にチケットを取り、とうとうこの日がやってきました。
昼公演と夜公演、もちろん二回とも見に行きます。
舞台をよく分かっていない証拠に、取ったチケットは昼も夜も二列目。
九月に同じ会場でさだまさしコンサートがありました。
その時に二列目の場所を実際目にしたわけですが。
……前すぎだ。
常に見上げる姿勢、そして全体が掴めない場所。
大丈夫かなーと不安になったことはなったのですが、もうしょうがない。

そんなこんなで初回。
ベルサイユのばらを見るのは初めて。どんな舞台なのだろうかとドキドキでした。
幕が開いて、舞台が照らされて、目の前にドレスがどーん。
めっちゃ近い!全体は見渡せないけど、目の前手伸ばしたら触れそうな距離。これは迫力だ。
もちろん生声が聞こえる距離、衣擦れの音まで聞こえます。
しかも、舞台上の人と、たまに多分目が合ってしまう…。
これはクセになる…。
欠点と言えば、手前の人に隠れてしまって舞台奥手の人が全然見えない時が有る…くらい…?

ベルナールがかっこよい…。



共通テーマ:演劇

宝塚星組全国ツアー2/ゆら [ ┣宝塚]

今日は、宝塚星組全国ツアー
・宝塚ロマン「外伝 ベルサイユのばら -ベルナール編-」
・ロマンチック・レビュー「ネオ・ダンディズム!III」
岡山公演を見て参りました。
久しぶりの岡山。
とりあえず、昼過ぎに岡山駅に着いて、駅前のビックカメラとソフマップ、そしてセブンイレブンへ。
何故かというと……これらの店は四国には無いからです(涙)。
都会のニオイにしばらくひたりつつ、ビックカメラで電池を買い、ソフマップでゲームソフトを物色し(ソフマップがあることを知らなかったので、カードは自宅に置いてきていたのが失敗)、宿のチェックイン時間を待ちました。
今日の観劇は夜公演のみ。
ホテルに入って適当に時間を潰します。
素泊まり5000円以下、駅から徒歩10分くらいのビジネスホテルだったんですが、狭かった…。

今回の会場は岡山市民会館。
とても綺麗な岡山シンフォニーホールを通り過ぎ、岡山城の手前です。
今回初めて訪れましたが、……香川県県民ホールの方が綺麗だな、うん。年期入った建物でした。
トイレが少なかった。男子トイレも一カ所除いて臨時女子トイレになってましたが、休憩時間中に全員トイレにはいけてないようでした。ので、外に出てすぐとなりの公園の公衆トイレとか、病院にまで行ってる人いましたがいいのかなぁー。

感想というか萌えというか。


宝塚星組全国ツアー3/ゆら [ ┣宝塚]

今日は、宝塚星組全国ツアー
・宝塚ロマン「外伝 ベルサイユのばら -ベルナール編-」
・ロマンチック・レビュー「ネオ・ダンディズム!III」
岡山公演を見て参りました。

しつこいですね。
でもそんなこんなで全国ツアーとうとう最終日。
午前中公演と、午後の千秋楽。
席は発売になってから随分後で買ったので、期待していなかったのです。
ところが、午前中公演の席は二階一列目センターという、なんというか見晴らしがすごいです。
目の前を遮るものはなく、舞台を真っ正面から鑑賞できるなんてブラボーな席なんでしょうか。
めっちゃ贅沢気分でした。

複数回見るなら、最前列付近と、二階一列目センターのコンボは最強だと思いました。
もし一回だけなら……うーんどちらも捨てがたいけど…前列の方かな。そしてあとでDVD買って見たりするんです。うん。

その他色々・・・


さいきんどっぷり…/ゆら [ ┣宝塚]

先月は宝塚の花組「太王四神記」と宙組「逆転裁判」と星組「My Dear New Orleans」などを見てきました。
ええ、最近はまっているのは宝塚です。
きっかけは一昨年の舞台の星組「エル・アルコン―鷹―」。原作が好きだったので見に行ったら、あれあれ、という間に…。
ブルーレイレコーダ購入もCSの視聴を開始したのもすべて宝塚のためです。
でも、ファン歴の日がまだまだ浅いので全然知識がありません。ついでに人の顔と名前を覚えるのが苦手なので、ジェンヌさんを覚えるのに四苦八苦中。
大学の時の友人や、宝塚グッズを扱ってるお店の店員さんからいろいろ学んでいる最中です。
観劇する時には四国から宝塚まで0泊三日の強行軍になります。自業自得だけど…ツライ。

この中で、すごく興味津々だったのが、「逆転裁判―蘇る真実―」です。
オリジナルとの事でしたが、ストーリーのベースはDSへ移植時に追加された「蘇る逆転」でした。
舞台化されるにあたって、人物名はすべて海外版。
なるほどくんは「フェニックス・ライト」、真宵ちゃんは「マヤ・フェイ」、御剣が「マイルズ・エッジワース」などなど。
登場人物の数は多少削られていましたが、概ね原作通り、大きく変わっていたのは、宝月巴の位置にいるレオナ・クライドという人物が、なるほど君の幼なじみでロマンスの相手になっていた、というくらいでしょうか。
宝塚だけに、みんな踊って歌う歌う。なるほどくんも歌う、御剣も歌う、サイバンチョも踊っちゃう。
一番原作に雰囲気もなにもかも忠実だと思ったのは、ナツミさん…でしょうか。そのまま抜け出たような感じでした。
証拠品を提出する時のサウンドや法廷の音楽がゲームと同じだったり、矢張が袖をぶらぶらさせたり、ちょっとした部分が原作どおりで、ニヤリとさせられるシーンが多くありました。
ちなみに矢張のTシャツはサングラスかけたタイホ君柄でした。
舞台が終わり挨拶の後、なるほど君役の蘭寿とむさんが「みなさんもやりたいと思います」と観客に呼びかけて一緒に「異議あり!」とやったのもいい思い出でした。

夏に「逆転裁判2」が上演されるようです。
チケットとれたら行きたい…な。
 ┣宝塚 ブログトップ